収納が多ければいいわけではない

家を建てるとき、キッチンを決める主導権は女性が握っています。
男性は一切口出しできないことも少なくありません。
キッチンは収納をいかに多くするかばかりに気を取られがちですが、それだけに目を向けていると失敗するので気をつけましょう。
収納が多いに越したことはありませんが、どこに道具類を置くかもしっかり考える必要があります。
毎日使うものはすぐに手が届く場所に置き、毎日は使わないものは少し手の届きにくい場所にあってもOKです。
お正月やクリスマスだけにしか使わない食器類などは、キッチンから離れた場所に合っても問題ないと思います。
なんでもかんでも近くに置こうとすると、収納はいくらあっても足りません。
出し入れもしにくくなるので注意が必要です。
出し入れしにくいとストレスがたまります。
また、最近は見せる収納が当たり前になってきました。
出し入れしやすいので便利です。
しかし、ごちゃごちゃしやすいのでバランスに気を配りましょう。